Top >  美容関連 >  アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)

アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)

アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)
アイトレで動体視力をトレーニング!目を動かしたり、ピントを合わせる筋肉を鍛え、視力を正常に近づけるお手伝いをします。アイトレを買うなら品揃えが豊富なロイヤル通販で。厳選した商品のみ通信販売!アイトレ(動体視力トレーニング器)眼球移動筋、毛様態、虹彩をトレーニング!動体視力の向上、眼のストレス解消にアイトレ●目のピントを合わせる筋肉を鍛えます 人間の眼球カメラのレンズカメラは、何枚ものレンズの組み合わせで出来ています。ピント合わせは、このレンズの位置を前後させて行います。人間の目はレンズにあたる部分が「水晶体」と言いますが、ガラスでできたレンズと違い、柔らかいので、周りの筋肉で押す事で、「厚さ」を変化させる事が出来ます。水晶体の厚さを変化させている筋肉を、毛様体と言います。現代では、テレビやパソコンなど、一定の距離の物を、じっと見つめがち、すると、この毛様筋は、じっと動かない状態が続くため、衰えてしまいます。アイトレは、LEDの光を追いかける事で、毛様体を動かし、ピントあわせをしやすくするお手伝いをします●眼球を動かす筋肉を鍛えます。 人間の目はふたつあって、両方の目の映像を、脳で一つに合成しています。このふたつの映像の差を、「立体感」として認識しているのです。このため、眼球は連動して、上下左右に素早く動く必要がありますが、やっぱり現代では、上下左右を素早く見るという機会が少なくなっています。アイトレは、LEDの動きを追いかける事で、この眼球運動筋も鍛えます。アイトレ●アイトレの特徴●1.眼球移動筋、毛様態、虹彩をトレーニングLEDの光を眼で追うだけで、眼球移動筋、毛様体、虹彩を簡単にトレーニンク。2.175個のLED175個ものLED(ランフ)でスムーズかつ多様な動きで、ムリなく眼の運動を促します。3.動体視力、反射神経をトレーニング2色LEDと左右のスイッチ入力により、「認知」一「判断」一「動(操)作」の一連の動作を鍛えることが可能。4.難易度レベル設定3段階のレベルを自由に設定できますので、子供から大人、スポーツ選手に至るまでそれぞれのレベルに合ったトレーニンクができます。5.ゲーム感覚で楽しくトレーニング点数表示やレベル設定によってゲーム感覚で楽しくトレーニンクできます。6.オートパワーセーブ機能電池の無駄な消耗を防ぐため、およそ3分間何も操作されないときは、自動的にすべての表示を消してスタンパイ状態になります。7.飽きのこない多彩なランタムプログラムLEDの光をランダムに動かすことによって、毎回違ったパターンでトレーニングを行えます。8.乾電池を使用わずらわしいコードもなく、場所を選ばずいつでもどこでも使用可能。1日3回使用で約5ケ月間使用可能。(アルカリ乾電池)9.訓練時間1日6?7分のプログラムを1日2回行います。1日に5回までが限度です。それ以上のご使用は効果がなくなることもあります。アイトレの仕様電源単3アルカリ電池(4本)電池寿命1日3回の使用で、約5ケ月オートパワーオフ3分間無操作でパワーオフ本体寸法約縦150×横250×高150本体重量約800g保証期間購入より1年間販売:ロイヤル通販この商品を買われた方は、こんな商品も買っています他にこんな商品もご用意しています ※まとめて一括の注文が15,000円を超えれば送料無料でお届けします!
アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)は友達から教えてもらって買ったのが初めです。 今まで、いろんなものを試してきましたが、アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)が一番効くような気がします。 それまでの私は色々と気にしていたんです。ですが、アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)を試し始めてからは気に病むということがなくなりました。 アイトレ(動体視力&視力トレーニング器)(044)は、今回また、追加購入しました。手軽な商品なので続けたいですね。 値段も、ネットならではです。お手ごろ価格です。 買い物は通販でも気持ちよくしたいものですよね。

 <  前の記事 3D映像による「眼ンテナンスケア」という新習慣送料無料!Dr.REX(ドクターレックス) 0319開幕10  |  トップページ  |  次の記事 (^3^)視力回復トレーニング、アイパワー【本日限定3つの無料!さらに豪華プレゼント!】【最短明日お届け・送料無料・代引無料・当店が一番お得】★アイパワーeyepowerは視力の悩みを解決  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシックgoods集」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。