Top >  レーシックの失敗 >  レーシックに存在するリスクについて。

スポンサードリンク

レーシックに存在するリスクについて。

レーシックに存在するリスクについて。医師やクリニックの信頼度を評価するひとつの基準として、レーシックのリスクについて、キッチリと説明をしてくれるか否かという問題があります。
中には、リスクを詳しく説明しない医師も存在すこともあります。 また、医師一人だけでなくクリニック全体として、リスク説明が十分でないケースさえあります。
いうまでもなく、リスクの説明を明解にきちんと行わない医師やクリニックは、それだけで信頼性が欠けるといえるでしょう。
逆にいえば、レーシックに関してのあらゆるリスクと対処法が事前に説明されていて、そのことをあなたが納得できている場合であれば、 万が一リスクが発生した場合の医師の対処にも、安心し信頼して任せられると思います。レーシックに限らず、医療行為の事前の情報開示は、義務と責任ということよりも、患者と医師との信頼関係を築くためにあると言えるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックの経験とは?  |  トップページ

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。