Top >  レーシックの失敗 >  レーシックで失敗しないために

スポンサードリンク

レーシックで失敗しないために

レーシックの手術は、とても安全で失敗のない手術だといわれています。過去に、レーシック手術で失明した例がないのです。しかし、だからといってあまり気軽に考えてはいけません。レーシックの手術前カウンセリングや、術後のケアをきちんとしなければ、あなたが望む結果に結びつかない場合もあるからです。
レーシック手術の際のインフォームド・コンセントでは、主に以下のような項目について説明、およびそれらについての同意が必要となります。
●現在の目の状況
●手術をすることで得られると予測される裸眼視力
●手術の手順
●術後の経過と注意事項
●合併症や後遺症
●術前、術後の準備と手続きなど。
患者は、手術のメリットだけでなく、デメリットもこうしたインフォームド・コンセントの中で十分に理解する必要が生じてきます。
レーシックは、簡単な手術とよく言われますが、100%安全なものだとは言い切れません。また、術後のケアを怠れば、目に障害が起きる可能性も十分にあることを理解しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックで乱視も治る?  |  トップページ  |  次の記事 レーシックで失敗しないためのクリニックの選び方  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。