Top >  レーシックの失敗 >  レーシックの欠点

スポンサードリンク

レーシックの欠点

レーシックにはやはり、欠点もあります。
まず、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではないことです。 そして角膜厚が足りない、合併症がある等でレーシックを受けられない人もいます。また、レーシックはまだ歴史が浅いため、長期に渡る安全性が確立されていないこと。
他にも、コントラスト感度が低下することもあること。 術後一過性にハロ・グレアが出現すること。 ドライアイになる場合があること。
術後、眼圧が実際の値よりも過小評価されるため(レーシック手術前よりも眼圧が低下します)、眼圧検査時にはレーシックを受けたことを申告しなければなりません。
裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はだいたい向上するのですが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックの注意点  |  トップページ  |  次の記事 コンタクトレンズのトラブル  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。