Top >  レーシックの失敗 >  レーシックと失明の関係

スポンサードリンク

レーシックと失明の関係

レーシック手術は失敗すると、失明するのではないかという不安はよく聞かれます。しかし、レーシック手術そのものは、角膜の表面に行う手術のため失明することはありません。また国内、海外でもレーシックで失明したという報告はないのです。
ただし、レーシック術後のケアは眼科医の指示通りにきちんとしないと、後遺症や合併症が起きる可能性がありますので、気をつけましょう。
レーシックを受けたため、目の病気にかかることはないのだろうか、という点に関しては、確実なことはわからないというのが現状です。まだ、レーシックの歴史そのものが浅いことも一因です。
レーシックの効果についてアメリカからの報告では、88%が矯正視力を維持しており、それらは10年前にレーシックを受けた方々であるという調査結果があります。10年前と比較してレーザー機器の品質が大きく進化した現在は、さらに信頼できる手術であると考えられることや、また角膜の表面は非常に再生が早く、年数が過ぎてから、手術の影響が出ることは考えにくいというのが最近の見解のようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術は安全か  |  トップページ  |  次の記事 近視のメカニズム  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。