Top >  レーシックの失敗 >  レーシック手術は安全か

スポンサードリンク

レーシック手術は安全か

レーシックを受けることを考え始めた場合、最初に出てくるのが、手術の安全性についての疑問と不安にではないでしょうか。レーシックの手術は痛くないのだろうか、本当に見えるようになるのか、失明のリスクはないのだろうか、レーシックを受けたために先行き、目の病気になることはないのだろうかなどなど。
まず、レーシックの手術の痛みに関していえば、手術中はまったく痛みは感じません。これは、点眼麻酔をして手術を行うためです。
また、麻酔が点眼のため、麻酔すること自体にも痛みは感じません。麻酔が切れる数時間後に、多くの方が「ハードコンタクトレンズを始めて入れたときのよう」と表現する程度の異物感を目に感じる場合があります。痛みに関しては個人差はありますが、その程度だと考えてもいいでしょう。
また、レーシックで本当に視力が回復するのかという効果については、80%以上の患者が1.0以上に視力回復し、0.7以上になるとおおよそ95%の患者が回復するというデータがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 オルソ・ケラトロジーの利点  |  トップページ  |  次の記事 レーシックと失明の関係  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。