Top >  レーシックの失敗 >  レーシック手術の合併症

スポンサードリンク

レーシック手術の合併症

レーシック手術で起こりえる合併症について。
●サンド・オブ・サハラ
レーシック手術をした1~2日後に、フラップと実質床の間で白色の湿潤性混濁が発生することもあります。これのほとんどの場合においては、無菌性の角膜実質内の炎症とされています。そのため、多くはステロイドの点眼で消失してしまうとされています。しかし、炎症が強い場合には実質層間を洗浄する場合も考えられます。

●リグレッション
レーシック手術後に、徐々に視力が低下する症状を発する場合があります。これををリグレッションといいます。この場合、3ヶ月以内に再手術を行います。しかし、強度近視の場合は、リグレッションの可能性が高くなるとされています。これらは、定期健診を受け、術後のケアを処方どおりすること、これらを守っていると、ほとんどの場合が時間の経過により解消するとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術の合併症  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術の合併症  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。