Top >  レーシックの失敗 >  レーシック手術に失敗はあるのか

スポンサードリンク

レーシック手術に失敗はあるのか

レーシックも手術なので失敗例は全然ないわけではないようです。でも、失明した例というのはないそうです。
その失敗例というのは、フラップの作成不良などが多いそうです。でも、これは追加手術で修正が可能だそうですし、その後は問題なく見える方が多いらしいです。それよりも、怖いのは術後のケアを怠ったときにおこる、合併症などでしょう。

私は、手術後しばらくして、目の表面が乾燥気味になり、その乾燥しているところにPC作業で瞬きが少なくったようです。そのため、 潤いが少ないところで瞬きしてしまうので、角膜表面に細かいキズがついた状態になってしまいました。
目の内部はとてもきれいで、手術後の経過も順調、数値的には1.5見えていてもおかしくなかったのですが、 角膜表面にできたキズのせいで、透明なガラスではなく、曇りガラス越しにモノを見ているような状態 になっていたらしいです。

この場合の対策は、長時間パソコンを見続けない、時々遠くを見て目が常に緊張しないようにする。目の表面が乾かないように、時々目薬をさしてあげることが良いそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術のもうひとつのメリット  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術を受けてよかったこと  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。