Top >  レーシックの失敗 >  レーシック手術のデメリット

スポンサードリンク

レーシック手術のデメリット

レーシック手術には、やはりデメリットも存在します。
まず、手術は失敗のリスクがゼロではありません。また、長期に渡る安全性も検証されいません。

レーシックの術後の見え方として、コントラスト感度の低下、ハロ・グレアの発生がある一定の割合で発生します。

眼鏡やコンタクトレンズを使用しない裸眼視力は、ほぼ間違いなく向上します。しかし、眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの矯正視力は、かえって低下する場合もあります。

角膜の削り過ぎは遠視となり、ここから再修正することは困難です。このため若干控えめに削るので、軽い近視が残り、高い視力を要求される場合には、眼鏡が必要になる場合があります。

レーシックの手術では角膜中心部の曲率しか変化しません。そのため、夜間に瞳孔が開く場合二重像を生じることがあります。

レーシックの手術を受けたとしても老眼にはなります。そのため、一生眼鏡が不要になるわけではありません。

レーシックの手術を受けると、航空身体検査基準に不適合となります。つまり、パイロットにはなれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術のメリット  |  トップページ  |  次の記事 イントラレーシック手術とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。