Top >  レーシックの失敗 >  PRKのメリットとデメリット

スポンサードリンク

PRKのメリットとデメリット

PRKの術式のメリットとは‥
まずは、角膜強度が保てるという点でしょう。フラップを作成しないPRKは、衝撃などでフラップがずれてしまう心配がありません。これは、プロボクサーや格闘技を行われる方などハードなスポーツを行われる方に適しているといえます。
そして、乱視、遠視の矯正にも有効であるとされています。また、角膜内部への影響が少ないともされています。
一方PRKの術式のデメリットとしては‥
PRKの術式を行なった後に、角膜上皮が再生するまでには数日程度の時間を要します。その期間中には、若干の痛みを感じる場合があるとされています。
また、視力が回復し安定するまでに3ヶ月~6ヶ月、またあるいはそれ以上の時間がかかる場合があります。このように、PRKの術式ではダウンタイムを要するというデメリットがあるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 PRK手術とは  |  トップページ  |  次の記事 レーシックを受けるまで  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。