Top >  レーシックの失敗 >  イントラウェーブフロントレーシックの欠点(デメリット)

スポンサードリンク

イントラウェーブフロントレーシックの欠点(デメリット)

・層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されている。

・フラップ作成後、レーザー照射の手術台まで移動しなければならない。

・長期に渡る安全性が検証されていない。

・コントラスト感度が低下する。

・航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)

・裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがある。

スポンサードリンク

 <  前の記事 イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)  |  トップページ  |  次の記事 エピレーシック手術とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。