Top >  レーシックの失敗 >  ラセック(LASEK)のメリットとデメリット

スポンサードリンク

ラセック(LASEK)のメリットとデメリット

ラセック(LASEK)のメリッとしては‥
ラセック(LASEK)は、従来のレーシックにくらべて、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能だと言われています。これは、よりフラップをうすく正確に作成することが可能になったため、その分角膜実質層を削りとれる量が増えたことによります。
他には、ケラトームの使用による眼球の吸引が必要がありません。※網膜などに異常がある人に、ケラトームの使用は危険であるとされています。
ラセック(LASEK)のデメリットとして‥
術式のなかで、アルコールでふやかすという方法は、レーザー照射の精度に誤差が生じる可能性があるといわれています。
また、まれに術後角膜混濁などの報告があるようです。心配な問題としては、アルコール使用による長期的なリスクがいまだ不明であることです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ラセック(LASEK)手術とは  |  トップページ  |  次の記事 フェイキックIOLの歴史  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。