Top >  レーシックの周辺 >  VDT症候群の予防と対策

スポンサードリンク

VDT症候群の予防と対策

VDT症候群の疑いを持ったら、環境や心身の状態を見直すとともに、異常を感じ時点で専門医に早めに相談することが大切です。VDT症候群は、悪化すると生活や仕事に支障をきたす場合まであります。
このように、悪化すると危険なVDT症候群の予防法としては、とくに次のようなことを心がける必要があります。
・目の休憩をこまめにとる
ドライアイになってしまう原因は、モニター画面を凝視してしまうことでまばたきが減ることが原因です。こまめに休憩をとって目を休ませるようにしましょう。
・環境を整える
エアコンの風が直接顔に当たらないように調節して、ドライアイを予防します。姿勢は、まず椅子には深く座ります。モニターとの距離は50センチ程度、本や書類から30センチ程度離します。手元の照明は200~500ルクス程度にして、読書やキーボードなどに向います。また、光源が直接目に入らないように配置します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 VDT症候群とは  |  トップページ  |  次の記事 心因性視覚障害とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。