Top >  レーシックの周辺 >  VDT症候群とは

スポンサードリンク

VDT症候群とは

VDT症候群とは、目の不快感を訴える人がOA機器を扱うひとたちの間で増えてきたために、作られた症状の定義です。
いわゆる「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル=モニター画面・画面表示端末)症候群」は、別名テクノストレス眼症ともよばれており、パソコンやテレビ、テレビゲーム機など画面を見続ける作業によって起こる症状のことをさします。
VDT症候群は、眼精疲労との関連も高く、しばしば同じものとして扱われることもあります。(→眼精疲労の改善)
VDT症候群の主な原因とされているものには、次の3つがあげられます。
・OA機器への不安・緊張 精神的なものが体調に影響を及ぼす例でもあります。
・不適切な環境(姿勢、照明など) 環境の問題でもある可能性があります。
・目の酷使による疲労 自覚することがなかなか難しいことでもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 眼精疲労のホットとアイスパック  |  トップページ  |  次の記事 VDT症候群の予防と対策  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。