Top >  レーシックの周辺 >  レーシックで乱視も治る?

スポンサードリンク

レーシックで乱視も治る?

レーシックの手術は、一般には近視を矯正する手術だと認識されています。しかし、厳密に言うとレーシックの仕組みとしては、特殊なレーザーを目に当てることで、屈折率を変化させて、視力を回復させるというものなのです。
近視と同様、乱視でもレーシック手術で矯正が可能となっています。しかも、1度のレーシック手術で、近視と乱視の両方を矯正することができます。そのため多くの方は、1度のレーシック手術で視力を取り戻しています。
乱視用のコンタクトレンズも最近では普及し、眼鏡とあわせて、何とか不自由なく日常生活をおくることが出来るようになりました。でもやはり、メガネもコンタクトも「装着」するものですから、ずっと付けたままで生活することが出来ませんし、日常生活の様々な場面で不自由があり、また面倒な器具のケアを必要とします。レーシック手術なら、合わなくなったピントを元に戻し、めがねやコンタクトに頼らない快適な視力を手に入れることが可能です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックの麻酔について  |  トップページ  |  次の記事 レーシックで失敗しないために  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。