Top >  レーシックの周辺 >  レーシックの麻酔について

スポンサードリンク

レーシックの麻酔について

レーシック手術中に麻酔が切れたら‥そんな怖い想像しませんか?それから、だいたい麻酔って注射するの?もし目玉に注射なんて想像したら、恐ろしくてレーシック手術なんて受けられませんよねえ。
そこで、私が調べてみると、レーシックの麻酔は点眼麻酔になるそうです。つまり、目薬タイプの麻酔なので、ふつうに目に含ませるそうで痛くないらしいです。この場合の麻酔は、キシロカインやベノキシールといったものを使うようです。またレーシックの手術中には、目薬の麻酔が効いているかどうかいちいち確かめながら行うので、手術中ではほとんど痛みは感じないといわれています。
でも、レーシック手術後、しばらくして(1時間くらい)麻酔が切れかかる頃になると若干異物感を感じるという体験談も多いみたいです。その、異物感を感じる場合は、3時間ほど横になるとおさまるといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 イントラレーシックとは  |  トップページ  |  次の記事 レーシックで乱視も治る?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。