Top >  レーシックの周辺 >  イントラウェーブフロントレーシック手術とは

スポンサードリンク

イントラウェーブフロントレーシック手術とは

イントラウェーブフロントレーシックは、イントラレーザーでフラップを薄く作るので、角膜が薄い方や強度近視の方でも治療が可能な術式です。手術方式としては、ウェーブフロントとイントラレースを組み合わせた方式となります。
特徴としては、ウェーブフロントアナライザーという検査機器を用います。これは、光が持つ波としての性質を利用し、眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的に解析することです。

この方式なら、近視や乱視よりも次元の高い収差を検出することが可能になり、ウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようエキシマレーザーを照射すると、ほんの少しの歪みも矯正できます。そのため、よりクリアな視界が得られると言われています。

イントラウェーブフロントレーシックであれば、いままで、メガネでもコンタクトレンズでも矯正できなかった不正乱視を矯正することが可能です。また、レーシックよりもフラップを薄く作ることができるため、角膜の薄い人でも受けることが可能になっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ウェーブフロントレーシックの特徴  |  トップページ  |  次の記事 イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。