Top >  レーシックの周辺 >  イントラレーシックとは

スポンサードリンク

イントラレーシックとは

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いについて‥
イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成します。一方イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に、そして一段と安全で正確に作成することが可能になりました。
通常のレーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされています。しかし、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が、少しでこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)部分が傾斜するため、まれにですがシワの原因となることがあります。
しかし、イントラレーシックの場合は、フラップをコンピュータ制御により作成するため、断面もヒンジの部分も非常に正確で綺麗な仕上がりが期待できるとされています。
さらにイントラレーシックは、従来のレーシックにくらべてよりフラップをうすく正確に作成することが可能です。そのため、角膜実質層を削りとれる量が増えており、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能だとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 緑内障  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの麻酔について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。