Top >  レーシックの周辺 >  緑内障

スポンサードリンク

緑内障

緑内障(りょくないしょう)とは、視神経が圧迫されて視覚障害を起こす病気です。原因としては、眼球に栄養を運ぶ水がたまりすぎることで、眼圧が上がるためだとされています。
たしかに先進国でも後天性の失明の原因のひとつでもあり、危険性は軽視できませんが、早期に発見し、適切な治療を受ければ失明は免れる病気です。日本でも緑内障は、「青そこひ」とも言われ、失明する眼病として恐れられてきました。
緑内障は、「何らかの原因で視神経が損傷し、それにより視野に欠損が生じた状態」と言う状態です。視神経損傷の原因は、眼圧が通常よりも上昇することにより視神経乳頭が陥没し、それにより視神経への血液の運搬が物理的に圧迫阻害され、神経細胞が死滅することによるとされています。
もっとも、正常な眼圧であっても正常眼圧緑内障といわれる、視野に欠損がみられる場合があります。この場合でも視神経乳頭に陥没がみられます。
全緑内障発症者のなかでも、正常眼圧緑内障の発症者はかなり多くを占めることが明らかになってきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 白内障  |  トップページ  |  次の記事 イントラレーシックとは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。