Top >  レーシックの周辺 >  白内障

スポンサードリンク

白内障

瞳孔が白っぽく見えてくるので「白そこひ」とも呼ばれている、白内障(はくないしょう)とは、すりガラスを通したように視界がぼやけて見える病気です。原因としては、水晶体に白い濁りが生じることによっておこります。白内障は進行すると、視野のすべてがくもってしまい、ものの輪郭がつかめなくなり、明暗しかわからなくなってしまうことがあります。
白内障という病気は、老人性白内障がもっとも多いとされているのですが、現在のところ、なぜ水晶体が老化によってにごるのか、その原因が明確にはわかっていません。一説では白内障の発生の原因は、老化や糖尿病などの病気によって新陳代謝が阻害されるため、水晶体が白く濁るという説もあります。
白内障は、加齢とともに起こる病気なので、昔は高齢者にとって深刻な問題でした。しかし、現在では痛みも少なく、比較的簡単な手術が行えるようになりました。眼内レンズをつかうことで、視力もほぼ元の状態に回復させることが可能になり、安心して治療できるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 飛蚊症  |  トップページ  |  次の記事 緑内障  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。