Top >  レーシックの周辺 >  飛蚊症

スポンサードリンク

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前には何もないはずなのに、蚊のような小さな虫が飛ぶように見えたり、ふわふわと糸くずのようなものが浮いて見える症状のことをいいます。飛蚊症の原因としては硝子体中ににごりがあり、その影が網膜上に映ることによっておこるとされています。
飛蚊症が発症する原因としては、加齢による生理的なものとされています。そのため治療の必要もありませんし、心配も必要ありません。まれに、若い人であっても強度近視や打撲などが原因となり飛蚊症が起こる場合もあります。
これらの症状は、生理的に硝子体がにごるためにおきることが多いので、飛蚊症はとくに治療の必要はありません。
もっとも、まれに目の病気‥特に重篤な病気の初期症状の場合もあるので、浮遊物の数が急に増えたりした場合は、急いで眼科を受診してください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プール熱  |  トップページ  |  次の記事 白内障  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。