Top >  レーシックの周辺 >  眼底出血の手術

スポンサードリンク

眼底出血の手術

眼底出血の出血が軽い場合なら、自然に吸収されることもありますが、出血がひどい場合や硝子体に濁りが出ると視力障害が起こる可能性があります。
このような症状の場合は、止血用の内服薬の処方や、レーザー光での凝固術などが行われます。レーザー光凝固術は、止血部の網膜を焼き固めることで、網膜の血流をスムーズにします。また、出血の吸収と再出血を防止させるために有効手段です。
このような処置をしても改善しないときには、出血でにごった硝子体を取り除く硝子体切除術を行い、視力回復を試みます。
硝子体切除術は、まず角膜の周辺から特殊な器具を挿入し、にごった組織、目の奥にたまっている血液や、またゼリーのような硝子体も切除し吸引します。
硝子体は切除すると同時に、代わりの液体やガスを注入する必要があります。これは、眼球の丸みを保つための代替物です。この方法は、「硝子体置換術」と呼ばれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 眼底出血の治療法  |  トップページ  |  次の記事 プール熱  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。