Top >  レーシックの周辺 >  メガネの効用・目的

スポンサードリンク

メガネの効用・目的

忘れがちなことですが、メガネは視力矯正の目的とは別に、眼球を保護するという大事な役割があります。最近、レーシック手術を視力を矯正する目的で、受けるケースが増えてきています。実は、レーシック手術の後1週間程度は、度の入っていないメガネを着用することを勧められます。これは、目を保護するためなのです。
昼間はメガネ、就寝時には保護用レンズをテープなどで固定して着け、万が一、目に異物が入って角膜が損傷することがないよう、目を保護することを指示するクリニックが多いようです。
装身目的で、視力に問題がなくてもメガネを装用する人がいます。視力矯正作用を持たず、装身目的専用メガネを伊達メガネといいますが、レーシックを受けたら、かつて視力が弱かった人でも、伊達メガネをかけられます。ということは、レーシックを受けたら、デザイン重視でメガネを選ぶこともできるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メガネの発祥  |  トップページ  |  次の記事 眼底出血の治療法  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。