Top >  レーシックの周辺 >  メガネの発祥

スポンサードリンク

メガネの発祥

メガネの発祥は、13世紀のイタリアだとされています。また、発明者は不明です。ある書物に「私は歳をとって、目が弱くなったので、メガネという名前のガラスなしでは、もう字を読む事も書くこともできなくなってしまった。 メガネは最近になって発明された物で、神様の贈り物のようにありがたいものだ」と記述されていることでわかりました。また、当時使われたのは、老視用の凸レンズのメガネだったことが、この文書からも読み取れます。
その頃のメガネは、今のような二つのレンズではありませんでした。それは、手に持って使う1つのレンズでした。またレンズの材料は、ガラスのほかに水晶や緑柱石なども使われていたようです。やがてレンズの材料は、より簡単に手に入るガラスを使うことがが主流になりました。
実は、中世においてメガネは知識と教養の象徴であり、聖人の肖像には、メガネがしばしば描き入れられています。それは、たとえメガネ発明以前の人物であっても描かれていることがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 眼底出血の原因  |  トップページ  |  次の記事 メガネの効用・目的  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。