Top >  レーシックの周辺 >  眼底出血の原因

スポンサードリンク

眼底出血の原因

眼底出血は、糖尿病性網膜症がの原因として代表的なものです。糖尿病の患者が「目の前に虹が見える」などの症状を訴える場合には、眼底出血を起こしており、糖尿病性網膜症が強く疑われます。この場合、糖尿病の病期としては末期に分類され、治療は非常に困難になります。
その他、眼底出血を起こす目の病気には下記のようなものがあります。
・網膜裂孔(もうまくれっこう)
・ぶどう膜炎
・高血圧・動脈硬化
・その他、貧血、白血病、腎臓病、妊娠中毒症など
眼底出血は視力に関係ない部分の場合、自覚症状もありません。痛みもないので、特に自覚できません。自覚がないため、検査などでみつかったとしても本人はあまり深刻に考えず、軽視することが往々にしてあります。しかし、眼底出血は、ほかの重大な病気を見つける目安ともなる症状のひとつです。
眼底検査を受けて、こうした全身の病気を発見してもらうことも大事なことです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 眼底出血とは  |  トップページ  |  次の記事 メガネの発祥  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。