Top >  レーシックの周辺 >  ウェーブフロントレーシックの特徴

スポンサードリンク

ウェーブフロントレーシックの特徴

ウェーブフロントレーシックの特徴は、エキシマレーザーの照射をウェーブスキャンで得たデータを元に、個人個人に応じたプログラムを決定することです。たとえば、乱視の強い方や、夜間瞳孔径の大きな方には照射サイズをオーダーメイドできるということです。

ウェーブフロントレーシックは、従来のレーシックで起きる光がにじんで見えるなど夜間の見え方の不満を解消できます。また、アメリカのデータでは夜間の見え方の満足度が向上するという報告があります。

ウェーブフロントレーシックでいう収差とは、光の波長の違い、また光線がレンズを通過する角度や位置によって、光線の束の集まる位置(焦点)が多少ずれる現象のことを言います。ウェーブフロントレーシックでは、近視や乱視よりも次元の高い収差を検出することができるため、以前より高度な矯正が可能になっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ウェーブフロントレーシック手術とは  |  トップページ  |  次の記事 イントラウェーブフロントレーシック手術とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。