Top >  レーシックの周辺 >  眼底出血とは

スポンサードリンク

眼底出血とは

瞳から入った光が突き当たる眼球の奥の部分のことを眼底といいます。これは、肉眼で見えるものではありません。この眼底に出血が起こるものを、眼底出血(がんていしゅっけつ)といい、「網膜出血」や「硝子体出血」など、網膜から硝子体に見られる出血を指します。
。眼底出血は、外から見てもわからないものなのです。よく充血や結膜下出血を勘違いして、眼底出血だとあわてて病院へ行く人もありますが、結膜と眼底の血管はつながっていません。また、出血の原因も異なります。
眼底出血は、出血の量自体は微小で貧血などの原因となるものではありません。眼底出血は、網膜表面の血管が破綻することで起こる眼球内の出血です。大したことがない出血だと感じられるかもしれませんが、しかし、重度の視力障害を来すこともある危険な病態である場合が多いので注意が必要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 心因性視覚障害とは  |  トップページ  |  次の記事 眼底出血の原因  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。