Top >  レーシックの周辺 >  心因性視覚障害とは

スポンサードリンク

心因性視覚障害とは

目に異常がないののですが、視力低下や色覚異常を訴える子供が実は増えています。これは、心因性視覚障害(しんいんせいしかくしょうがい)という一種の生涯で、原因としては、心理的なストレスで、視覚に異常が起こるものされるものです。
症状が出てくるのは、おもに7~12歳くらいの子供、とくに女児に多く発生し、男児の3~4倍にもなります。具体的な症状としては、視力が急に落ちたり、視野が狭くなるなどの症状が現れることが多いと報告されています。
心因性視覚障害は、小学生くらいの子供にときどき見られ、精神的ストレスが目の機能に障害をもたらしているものです。
本人が自覚していることは少ないので、学校の定期健康診断などで見つかることが多い病気です。原因は心理的な子でさまざまあります。処方としては、まわりの大人の理解が必要で、子供の心理的ストレスを取り除くことが治療になります。症状が回復すれば、器質的な疾患ではありませんので、視力障害などが残ることはありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 VDT症候群の予防と対策  |  トップページ  |  次の記事 眼底出血とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。