Top >  レーシックの周辺 >  眼精疲労の中国式のツボ療法

スポンサードリンク

眼精疲労の中国式のツボ療法

将来レーシックにかからないようにするために、眼精疲労の中国式のツボ療法という方法があります。
指圧の場所:左右の目の目頭から少し鼻よりのくぼみの晴明(せいめい)というツボや眉の中央で、少し下にある魚腰(ぎょよう)を母指の腹でツボをあてゆっくりと押しながら小さな円を描くように15回くらい指圧してみます。
眼球とその周辺の滞った血行を促し、緊張しきった毛様体筋を柔軟にするのが、眼球体操です。これは、ぜひ実行してみましょう。眼精疲労を回復させる働きがあります。
眼球体操の方法
目をかたく閉じる
目をパッと開く
視線だけを左に向ける
視線だけを右に向ける
同じく、上に向ける
同じく、下に向ける
これは、眼球やその周りの筋肉を緊張と緩和でほぐすやり方となります。この体操で、目の周りをリラックスさせ、血行をよくし目をいたわってください。近視などになると、レーシックを検討しなければならなくなりますぞ。

スポンサードリンク

 <  前の記事 眼精疲労の主な原因  |  トップページ  |  次の記事 眼精疲労のホットとアイスパック  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。