Top >  レーシックの周辺 >  眼精疲労とは

スポンサードリンク

眼精疲労とは

「眼精疲労」とは休憩をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残ります。また回復したつもりでも、すぐにまた目の疲れが出てきたりするものです。逆にひと晩ぐっすり眠れば眼の疲れは取れるのは「疲れ目」です。
もちろん、疲れ目より眼精疲労のほうは症状が重いものです。主な自覚症状は、眼精疲労の場合目に関するものとして、目が重い、ショボショボする、目が痛む、疲れによる充血、かすみや視力の低下など。また目以外でも、身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘などが眼精疲労では起こることがあります。
ひどい場合は目の裏側まで強い痛みや吐き気をもよおすぐらいひどくなるそうです。
またさらに進行すると、眼精疲労はイライラや不安感、抑うつ、といった自律神経の症状へ発展することも考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 視力とメガネやコンタクトとの関連性  |  トップページ  |  次の記事 眼精疲労の主な原因  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。