Top >  レーシックの周辺 >  視力とメガネやコンタクトとの関連性

スポンサードリンク

視力とメガネやコンタクトとの関連性

視力の悪い人にとって、メガネとコンタクトレンズというのはいわば目の松葉杖であるともいえます。しかし、このメガネやコンタクトレンズがさらに近視を進行させるのです。
メガネやコンタクトレンズを常用するとなると、目はさらにメガネやコンタクトレンズに頼って物を見ようとします。そのため、目がどんどんメガネやコンタクトレンズに依存してゆくようになります。
そうなると、メガネやコンタクトレンズは近視を進行させてしまいます。コンタクトレンズのほうがどちらかというと、そのスピードが速いと思えます。
メガネのもつイメージの悪さから、強い近視の人や若者は大抵コンタクトレンズを装用しているケースが多いと思いますが、それがかえってよくない場合もあるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 視力回復の超音波治療  |  トップページ  |  次の記事 眼精疲労とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。