Top >  レーシックの周辺 >  眼のしくみと働き

スポンサードリンク

眼のしくみと働き

眼に入ってきた光線は、最初に角膜で屈折し、瞳孔を通ります。この際に瞳孔は、光の強さによって明るければく広がり、光が弱ければ縮小という動きをします。この動きと同時に遠くのものに焦点をあわせるときには薄くなり、近くのものに焦点をあわせるときは厚くなってピントを合わせるという動きをします。これは、水晶体は毛様体と連動しています。
角膜と水晶体で屈折された光線は、最後の屈折レンズである硝子体に屈折された後、網膜に達して像をつむぐことになります。
このように光を屈折させ、網膜に像を映し出すというしくみが眼には内蔵されているわけですが、この段階では、それはあくまで光による刺激でしかなく、「見る」「見える」という感覚にはなっていません。
眼球の後方にある視神経から、大脳の後頭葉にある視覚中枢、そして記憶中枢へと網膜に映し出されている像の情報が送られ、過去の記憶と比較・検討されてその像が何であるか認識されてはじめて、私達が感じる「見る」「見える」という感覚が起こるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 近視・乱視・老眼やその矯正不良  |  トップページ  |  次の記事 ドライアイの深刻化  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。