Top >  レーシックの周辺 >  ウェーブフロントレーシック手術とは

スポンサードリンク

ウェーブフロントレーシック手術とは

ウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントアナライザーという検査機器を用いて眼光学的に解析します。
これを行うことにより、近視や乱視よりも次元の高い収差を検出することが可能になりました。
このウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、エキシマレーザーを高次収差を無くすように照射するのが、Wavefront-guided LASIKといい、通称ウェーブフロントレーシックとよばれているものです。

ウェーブフロントとは、従来の近視・乱視というレベルでは把握することのできない、非常に細かな眼球の凹凸情報をさします。これは、個人個人に特有な視覚情報となります。
ウェーブフロント解析装置、ウェーブスキャンで得たデータを元にすれば、近視・乱視という従来の矯正要素に加えて、今まで解析不能であった細かい不正乱視さえも矯正可能となるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 イントラレーシックのデメリット  |  トップページ  |  次の記事 ウェーブフロントレーシックの特徴  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。