Top >  レーシックの周辺 >  近視・乱視・老眼やその矯正不良

スポンサードリンク

近視・乱視・老眼やその矯正不良

眼球の内部では近視・乱視・老眼が進むと、無理にでも網膜にピントを合わせようとするため、水晶体の厚さを調節する筋肉の緊張が続きます。
これが進んで、実際に視力が低下してくると、次は目を凝らす、首を前に出すなど無理な姿勢をとるようになります。その結果、目が疲れ、首筋や肩が凝るなどの不具合がおこります。
とくに40代半ばから60歳ぐらいまでの間に老眼は急速に進むため、この年齢が眼精疲労患者の年齢層のピークと一致します。
眼精疲労が起きる原因には、メガネやコンタクトレンズが合っていないため‥ということも少なくありません。また、メガネで無理に左右の視力差を矯正するために起こる不等像視(網膜に写る像の大きさが左右で異なる)では、眼精疲労は避けられません。メガネやコンタクトレンズは、検査を受けて必ず自分に合ったものを処方してもらいましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 眼精疲労の予防と対策  |  トップページ  |  次の記事 眼のしくみと働き  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。