Top >  レーシックの周辺 >  眼精疲労の予防と対策

スポンサードリンク

眼精疲労の予防と対策

普段の生活習慣が主な原因とされている眼精疲労は、最悪の場合、精神障害にもつながるといわれています。そのため眼精疲労は放置できない目の病といえるでしょう。
メガネやコンタクトレンズを使用している人は、それらの度があっているかどうかのこまめなチェックは必要です。できることなら、目の負担を軽くするために、使用状況にあわせてメガネをいくつか作って使い分けることが良いとされています。姿勢や、作業時の照明の明るさをチェックしてみましょう。パソコンを使う場所では、その位置も重要になります。パソコン作業中はこまめに休憩をとって目を休め、軽い体操をしてください。
ドライアイは、室内が乾燥したり空調の風が目にあたると引き起こします。また、眼精疲労の意外な原因として、周囲の人のたばこの煙があげられます。一度職場に相談することをお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 近視の治療法一覧  |  トップページ  |  次の記事 近視・乱視・老眼やその矯正不良  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。