Top >  レーシックの周辺 >  近視レーザー手術の種類一覧

スポンサードリンク

近視レーザー手術の種類一覧

レーシック(LASIK)とは
レーシックと呼ばれる、最新の近視レーザー手術の技術です。

イントラレーシック(Intra LASIK)とは
レーザーを使いフラップを作成する高度なレーシック技術をイントラレーシックと呼びます。

ウェーブフロントレーシック
矯正の難しい不正乱視にも対応ができるレーシックを、ウェーブフロントレーシックと呼びます。

エピレーシック(Epi-LASIK)
非常に薄いフラップを作成する高度な技術のレーシックを、エピレーシックといいます。

ラセック(LASEK)
アルコールを用いて薄いフラップを作る近視レーザー手術はラセックといいます。

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)
視力回復手術としては最後の手段となるものが、フェイキックIOLです。

角膜内リング (ICR)
ほとんど症例数がないのですが、角膜内リング (ICR)は注目の手法です。

PRK手術
レーシック以前の近視レーザー手術の主流がPRK手術でした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックを受ける前の不安について  |  トップページ  |  次の記事 近視の治療法一覧  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。