Top >  レーシックの周辺 >  コンタクトレンズの使い方で起こる障害

スポンサードリンク

コンタクトレンズの使い方で起こる障害

コンタクトレンズの間違った使い方で起こる障害とは?
・表層角膜炎:角膜の表面に点状の小さな傷ができてしまい。違和感や充血が起こります。
・角膜上皮びらん:表層角膜炎が進み、傷が広く深くなった末に角膜上皮がはがれてしまう症状です。
・角膜潰瘍:角膜の傷口から細菌が入ったため、角膜おできのようなものができるという症状です。最悪の場合失明する場合も あります。
・アカントアメーバ角膜炎:角膜の奥に入り増殖する原虫で水道水中に存在します。原因はレンズケアが不十分な場合で、角膜に障害をきたす場合があります。症状としては、痛みで眼があけられなくなり、黒目が混濁します。
・巨大乳頭結膜炎:これは、コンタクトレンズの汚れによるアレルギーが主な原因です。まぶたの裏に大きな凹凸ができるために、レンズがずれやすくなったり、視力低下を招くことがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 コンタクトレンズのトラブル  |  トップページ  |  次の記事 レーシックを受ける前の不安について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。