Top >  レーシックの周辺 >  コンタクトレンズのトラブル

スポンサードリンク

コンタクトレンズのトラブル

コンタクトレンズを使用する場合の諸症状
・ゴロゴロとした異物感があり、眼が痛い
・眼が充血する
・眼が乾きやすい
これらの症状は、間違った使い方をしているために起こります。多くは、コンタクトレンズの装用時間が長すぎる、自分の眼に合わないまま使用している、レンズケアなど管理ができていない、といったことです。また、コンタクトレンズを装用していると、眼にとって必要な酸素を、外気から取り入れられず、どうしても酸素不足になりがちです。
酸素が角膜へ充分に運ばれないと、「角膜内皮細胞」の細胞数が減ってきます。これは、酸素や水分を運ぶ機能を持っています。この「角膜内皮細胞」は一度失われると再生しません。また、減りすぎた場合コンタクトレンズが使用できなくなる、角膜が白く濁る「水疱性角膜症」になるなどの不具合が発生します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックの欠点  |  トップページ  |  次の記事 コンタクトレンズの使い方で起こる障害  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。