Top >  レーシックの周辺 >  乱視の矯正

スポンサードリンク

乱視の矯正

乱視の症状について‥乱視は物が二重にぶれたり、TV画面などの縦や横の方向がぼやけて見えるたりする症状があります。
縦方向だけか、縦横の双方向が近視の症状パターンを、「近視性乱視」、これが遠視だと「遠視性乱視」といいます。また一方向が遠視で、他方が近視の場合もあり、これは「混合乱視」または「雑性乱視」と呼ばれています。
角膜がラグビーボールのように、生まれつきいびつな形をしている正乱視の場合は、メガネで十分に矯正ができるとされます。しかし、角膜の表面や水晶体がゆがんでいる「不正乱視」の場合は、メガネでは矯正できないのです。軽い乱視であれば目がちょっと疲れる程度なので、とくに不便を感じない場合であれば矯正する必要はありません。
しかし、強度の乱視の場合は、常時矯正していないと、どこを見るにもピントが合わないため目に無理がかかり、視力低下になる危険性があります。また、弱視になる可能性もありますので、早めに適切なメガネやコンタクトレンズで矯正することが望ましいとされます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 乱視のメカニズム  |  トップページ  |  次の記事 最近のレーシック事情  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。