Top >  レーシックの周辺 >  乱視のメカニズム

スポンサードリンク

乱視のメカニズム

乱視とはどのようなものなのでしょうか?乱視のメカニズムについて‥
乱視とは、縦と横の屈折力が異なるために、像が1点に合わせて結べないために、ものの見え方にばらつきが生じる症状です。
正常な角膜では、通常はバスケットボールのような形状をしており、垂直方向も水平方向も同じ形状のカーブを保った状態となっています。しかし乱視の場合、角膜はラグビーボールのような形となるため、垂直と水平の方向によってカーブの形状が異なってきます。そのため垂直と水平で結ぶ像の焦点が一致しないという現象が起こるのです。
これらの具体的な症状としては、一方にだけピントがあって、もう片方がぼやけて見えたり、双方ともぼやけて見える場合など、乱視には、屈折異常の起こり方にいくつかのパターンがあり、見え方もそれぞれ異なるという特徴があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 屈折異常の原因  |  トップページ  |  次の記事 乱視の矯正  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。