Top >  レーシックの周辺 >  屈折異常の原因

スポンサードリンク

屈折異常の原因

レーシックは近視を矯正する手術です。では、この近視の根本的な問題である、屈折異常とはどのようなものなのでしょうか。
この屈折異常の原因の主なものは、遺伝だといわれています。時間を経るにつれて眼軸が少しずつ伸びるので、近視が進んでいくのです。もちろん、これにも個人差もあります。
なかでも、軽いままで進行しないというような、弱いタイプの近視の人もたくさんいます(このタイプの方が多いといえます)。しかし、強度近視の場合は、深刻な場合になると網膜はく離などを合併することがあります。強度近視の方は、定期的な検診がいずれにしても大事だといえるでしょう。
実は近視の場合、あまり目が疲れることがありません。なぜなら、近くを見るときには調節が少なくて済む、毛様体筋を休ませた状態でよいためなのです。逆にいうと、長時間の作業に適した目だともいえるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 近視のメカニズム  |  トップページ  |  次の記事 乱視のメカニズム  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。