Top >  レーシックの周辺 >  近視のメカニズム

スポンサードリンク

近視のメカニズム

レーシックで改善する近視。そのメカニズムについて‥
眼球内にある毛様体筋という筋肉によって、レンズのような水晶体の厚みを変えて調節し、網膜で結ばれ目の焦点が合います。たとえば、近くのものに焦点を合わせるときは、毛様体筋が緊張して緩み、水晶体をふくらませることで調節しています。そしてまた、遠くのものを見るときは、毛様体筋がゆるんで、水晶体が薄くなるしくみなのです。まるで、カメラにある一枚のレンズが厚くなったり、薄くなったりしているような様子です。
たとえば、眼球の奥行きが長い人は、ピントが網膜の手前で合うために、遠くはぼやけて見えにくい状態なのですが、逆に近くを見るときは、あまり調節をしなくても見えやすい状態だといえます。
これが近視のメカニズムといわれるものです。別名、軸性近視ともいわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックと失明の関係  |  トップページ  |  次の記事 屈折異常の原因  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。