Top >  レーシックの周辺 >  イントラレーシックのメリット

スポンサードリンク

イントラレーシックのメリット

イントラレーシックのメリットとして、
従来のレーシックにくらべて、イントラレーシックは、よりフラップをうすく正確に作成することが可能です。そのため、角膜実質層を削りとる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能だとされています。
また、従来のレーシックと同じですが、眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなるというメリットがあります。
そして、立派な手術なのですが、短時間で済み入院をする必要がなく、日帰りが可能です。
これも、通常のレーシックと同じですが、生命保険などが適用された場合、手術費用がほぼ無料になるケースもあります。
事前に、加入している保険をよく調べてください。保険内容によっては適用されない場合もあります。

通常のレーシックと同じく、非常に成功率の高い手術ですので失明する危険性などが限りなく低いといわれています。もっとも、1%以下ですが失敗のリスクは確実にあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックの安全性  |  トップページ  |  次の記事 イントラレーシックのデメリット  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。