Top >  レーシックの周辺 >  イントラレーシックについて

スポンサードリンク

イントラレーシックについて

レーシックにもいろいろ種類があるそうです。通常のレーシックは、マイクロケラトームという、たとえればカンナのみたいなもので、角膜の表面を薄く削るらしいのですが、イントラレーシックっていうのは、それとは違うようです。
違いはというと、レーザーを当てて視力矯正するところは同じらしいのだけど、マイクロケラトームではなく、フェムドセカンド(FS)レーザーというまた違ったレーザーでフラップを作るらしいのです。これは、正確に薄いフラップを作ることができるようで、レーシックでできる以上に薄い角膜でも治療が可能らしいのだけど、まだ症例も少なく、デメリットも色々あるみたいです。
たとえば、レーシックに比べて手術時間が長くなるとか、術後のフラップの接着が遅いであるとか、最新のマイクロケラトームに比べて切除面が粗いなどなど。
フラップを作る際に、細胞の原形質,核が部分的に消失することがあって、場合によっては核の一部のDNAが変異して残る可能性があると言っている専門家もいるみたいです。
イントラレーシックの普及率は、レーシックの先進国アメリカでも20%未満らしいです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックのインフォームド・コンセントの重要性  |  トップページ  |  次の記事 視力矯正法オルソ・ケラトロジーとは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。