Top >  レーシックの周辺 >  イントラレーシック手術とは

スポンサードリンク

イントラレーシック手術とは

イントラレーシックは、通常のレーシック手術ではマイクロケラトームでフラップ(ふた状のもの)を作るところを、イントラレースFSレーザーを使って、コンピュータ制御によってフラップを作成する方法です。
フラップを作成した後に、矯正用のレーザー台に移動します。そこで、フラップを開きエキシマレーザーをあて屈折を調整するのです。レーザー照射あとは、フラップを元の位置に戻し、消毒をします。これで、イントラレーシック手術の終了です。
基本的にフラップを作成する部分のみが、コンピュータ制御となり、通常のレーシックとは異なりますが、その後の手順はほぼ変わりません。

レーシック手術では、フラップの厚さはマイクロケラトームを使用した場合であれば、通常約160ミクロンと言われています。しかし、イントラレーシックでのフラップの厚さは、イントラレーザーでフラップを作成すると約100ミクロンと薄くなるため、角膜にあまり厚みがない場合でも手術が可能となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術のデメリット  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの安全性  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。