Top >  レーシックの周辺 >  PRK手術とは

スポンサードリンク

PRK手術とは

PRKとは、Photorefractive Keratectomyの略で、角膜表層切開術と訳されます。
術式は、片目ずつ期間を空けて行います。具体的な方法としては、近視・乱視・遠視に合わせ、コンピューター制御のエキシマレーザーを角膜表面に照射し、角膜の形を形成します。

このPRK術式では角膜上皮の再生までの間、コンタクトレンズを装用し角膜表面を保護します。コンタクトレンズの装用は、角膜の上皮が再生してくるまでの3日~1週間となります。また、 その間、痛みを伴う場合があります。
レーシックと共通な部分はエキシマレーザーを使用するところです。しかし、PRKの特徴は、角膜フラップをつくらないという点があります。この点で、激しい格闘技などで目に衝撃のある可能性の高いスポーツをする方には、レーシックよりもPRKの方が向いているといえるでしょう。
また、PRK手術は厚生労働省が認めたレーザー手術です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フェイキックIOLの歴史  |  トップページ  |  次の記事 PRKのメリットとデメリット  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。