Top >  レーシックの周辺 >  フェイキックIOLの歴史

スポンサードリンク

フェイキックIOLの歴史

フェイキックIOLは1980年代にヨーロッパで始まりました。これは、米国では食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。
費用は片目で40―50万円程度かかります。これは、国内では公的な医療保険は効かないためでもあります。
フェイキックIOLは、マイナス20Dを超すような場合は、完全には矯正しきれないといわれていますが、後にレーシックを併用する場合、微調整できるという見解が出されています。

南青山アイクリニックでは、99年からこれまでにフェイキックIOL手術を400例以上を実施したそうです。
その結果アンケートでは、平均視力は術前の0.02が術後は約1.0に改善し、約9割の患者が結果について「とても満足」または「満足」と答えたそうです。
現在の状況はレーシックが累計約4万例と圧倒的に多いのですが、最近はレーシックの適応であってもフェイキックIOLを選ぶケースも増え始めているといわています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ラセック(LASEK)のメリットとデメリット  |  トップページ  |  次の記事 PRK手術とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。