Top >  レーシックの周辺 >  エピレーシック手術とは

スポンサードリンク

エピレーシック手術とは

エピレーシックは、エピケラトームと呼ばれる器機によって角膜上皮を安全に剥離して、レーザー照射をする術式をいいます。レーシックでは、手術の際にマイクロケラトームでフラップ(ふた状のもの)を作ります。

角膜は5層構造で成り立っていますが、一番外側は角膜上皮と呼ばれる組織です。角膜の厚さには個人差があります。それにより、レーシックの手術が可能な方と、難しい方が別れるのです。しかしここで、エピレーシックの特徴が活かされるのです。
レーシックの手術で、マイクロケラトームを使用した場合、フラップの厚さは約160ミクロンと言われています。それに対し、エピレーシックで剥離する角膜上皮の厚さは約60ミクロンといわれています。このため、角膜にあまり厚みがなく、通常のレーシック手術が難しかった方でも手術が可能となったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 イントラウェーブフロントレーシックの欠点(デメリット)  |  トップページ  |  次の記事 エピレーシックのメリット、デメリット  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。