Top >  レーシックの周辺 >  イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)

スポンサードリンク

イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)

・眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。

・手術をしても入院をする必要性がなく、日帰り、かつ短時間で済む。

・イントラウェーブフロントレーシックは、従来のレーシックにくらべて、よりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能と言われている。

・夜間瞳孔径の大きな方や乱視の強い人には照射サイズを変えることで、従来のレーシックで起きる夜間の見え方の不満(光がにじんで見えるなど)を解消することができる。

スポンサードリンク

 <  前の記事 イントラウェーブフロントレーシック手術とは  |  トップページ  |  次の記事 イントラウェーブフロントレーシックの欠点(デメリット)  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。