Top >  レーシックの周辺 >  ラセック(LASEK)手術とは

スポンサードリンク

ラセック(LASEK)手術とは

ラセック(LASEK)手術の方法とは、1999年にイタリア人医師Camellinによって考案されました。この方法は、角膜上皮をアルコールに浸して柔らかくして剥がし、ごく薄いフラップを作りエキシマレーザーを照射する屈折矯正手術の術式の一つで、視力を回復させます。
角膜の厚さが足りずに通常のレーシックでは不適応とされる人でも、フラップが薄くなるため検査の結果のよっては手術が可能となります。

角膜上皮のみのフラップは数日で再生するのです。この作用のため、通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません。そのため、格闘技などで眼の怪我をする可能性が高い人でも手術が受けられるようになりました。
ラセック(LASEK)の手術方式は、表面照射という術式に分類され、PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 エピレーシックのメリット、デメリット  |  トップページ  |  次の記事 ラセック(LASEK)のメリットとデメリット  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。